洗濯に必要なものを収納する

洗濯バサミや、ハンガーは洗濯物を干す際に必要になります。 すぐ取り出せるよう、1か所にまとめておきましょう。 箱や袋に入れると、それを持って行けば良いので楽です。 洗濯物が乾かなくて困っているなら、乾燥機などの道具を使いましょう。 すると早く乾きます。

早くたたむために練習しよう

乾いた洗濯物は、たたんで収納する人が多いと思います。 たたむ作業を、面倒に感じているかもしれませんね。 洗濯物の正しいたたみ方を、しっかり理解してください。 するとたたむスピードが早くなるので、短時間で作業が終了します。 ハンガーを使って、収納するのも良い方法です。

洗濯が1回で終わるように

かなり汚れている服を洗う際は、1回では綺麗にならないかもしれません。
すると2回洗濯しなければいけないので、余計な時間が発生します。
早く洗濯を終わらせるなら、汚れている部分は事前に洗剤をつけて、少し放置してください。
すると汚れが浮き出て、洗いやすくなります。
1回洗濯するだけで、綺麗になるでしょう。
洗剤を見直すのも良い方法です。
強力な洗剤を使えば、泥や汗の汚れでもすぐに落とせるので、無駄な選択の回数を減らせます。

洗濯する時に使う道具を、まとめて置いてください。
すると洗濯の時に、必要な道具をすぐに持って作業を開始できます。
ハンガーや洗濯バサミがどこにあるのかわからない状態だと、作業を開始するまでに時間が掛かってしまいます。
いつも使うものは、わかりやすいところにおいてください。
洗濯物がなかなか乾かなくて、困っている人がいるでしょう。
それなら除湿器や、乾燥機を使うのが良い方法です。
早く洗濯物を乾かして、効率を上げてください。

洗濯物の、たたみ方も理解してください。
正しいたたみ方がわかっていないと、追悪までに時間が掛かります。
簡単にたたむ方法があるので、それをこれから実践しましょう。
敢えてたたまないで、ハンガーにかけて収納するのも良い方法です。
シャツやスカートは、たたむと変なシワができてしまうかもしれません。
シワ対策のために、ハンガーを使ってください。
ハンガーにかけるだけなので、簡単に収納できます。

洗濯する時に意識しよう

洗濯機を使っても、綺麗にならないぐらい強力な汚れがあります。 事前に、服の汚れ具合をチェックすると良いですね。 洗濯機だけで足りないと思ったら、先に洗剤をつけるなどの工夫をしてください。 無駄な選択の回数を減らすことが、家事効率を高めることに繋がります。