>

洗濯に必要なものを収納する

道具をまとめておこう

どこに洗濯物を干す道具があるのかわからなくなると、探すのに時間が掛かってしまいます。
剃時間が無駄なので、必要な道具をまとめて保管してください。
すると洗濯物を干す時に、すぐ持っていけるので便利です。
また、取り出しやすいところにセットを置くこともポイントです。
棚の奥に収納していると、取り出すのが面倒になるのでおすすめできません。

洗面所にものがたくさんある場合は、整理しましょう。
優先順位が低いものから奥に収納すれば、自然と選択に必要なセットが前に来ると思います。
効率良く洗濯を進めるために、収納場所も工夫しなければいけません。
道具を取り出すのが面倒だと、洗濯に対するモチベーションが下がってしまいます。

乾燥器や除湿器を使おう

洗濯物が乾かないと、次の洗濯ができません。
天気が悪い日は洗濯物がどんどん溜まって、洗濯が面倒になってしまいます。
溜まる前に、洗濯してください。
そのためには、洗濯物を早く乾かすことを意識しなければいけません。
乾燥器があれば、早く乾きます。
特に雨が続く時期になると、洗濯物が乾かず着る服がないという事態に陥ります。

星干している場所が、湿っているから洗濯物が乾かないのかもしれません。
それなら乾燥機より、除湿器の方が良いでしょう。
少しの時間起動させておくと、室内の湿気を吸い取ってくれるので、洗濯物が乾きやすいです。
洗濯物から湿気が出て、室内が湿っていることが多いです。
除湿器をうまく使って、短時間で乾かしましょう。


この記事をシェアする