>

早くたたむために練習しよう

洗濯物を早くたたもう

たたむ作業が苦手で、時間が掛かってしまう人が見られます。
たくさんの洗濯物があると、たたむのが面倒に感じますよね。
ですがコツを掴めば、早くたためるようになります。
シャツやトレーナー、ズボンなど服の種類によって、正しいたたみ方が異なります。
正しいたたみ方を知らない人は、この機会に調べてください。

間違ったたたみ方では時間が掛かりますし、見た目が汚くなります。
厚みも出るので、タンスにしまうとすぐ満杯になってしまいます。
正しいたたみ方ならコンパクトになるので、たくさんの服があっても全て収納できるでしょう。
練習すれば、うまくたためるようになります。
最初は慣れないかもしれませんが、たくさん練習してください。

シワにならない収納

ハンガーを使うと、シワにならないで収納できます。
ワイシャツやスカートは、たたむとシワになってしまう可能性があります。
すると着る前にアイロンをかけなければいけないので、余計な手間が発生してしまいます。
シワになったら困るものは、ハンガーに吊るしてください。
干す時にしっかり伸ばして干すことで、アイロンの手間を削減できます。

面倒に感じるかもしれませんが、よく伸ばしてください。
適当に干すとシワがつくので、アイロンが必要になります。
その方が面倒なので、シワにならないよう干してください。
シワになっている服を着ていると身だしなみが整っていないと判断されます。
自分の印象が悪くなるので、着用する服に気をつけてください。


この記事をシェアする